ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーには主に2種類あり、どちらとも水が出るという事は同じですが、構造は全く違いますので、参考にしながら選ぶと良いです。

 

ワンウェイタイプ

水を入れるボトルが、使い捨てボトルで配達されてきて、毎回新しいボトルですので衛生的に優れており、
ボトルの容器は、PET樹脂製ボトルが使用されており簡単につぶすことができ、リサイクルも可能です。

 

また、捨てる際も空の容器を業者が取りに来るまで待たなくても自治体のルールに従って捨てる事が可能ですので、場所を取りません。

 

無菌エアーシステムを導入している業者もあり水が少なくなるにつれ容器が自然につぶれて、外気の混入を最低限に抑えることができます。また、万一、空気が入り込んだとしても、活性炭フィルターとオゾンによる殺菌が行われますので、新鮮な状態を保てます。

 

リターナルタイプ

リサイクル型サーバーで、多くの業者が採用している方法です。
空になったボトルを業者が回収し、洗浄して再び使用しますので、ゴミが出ず、環境面を考慮したタイプになりますので、業者が容器を取りにくるまでとっておかないといけませんが価格はその分、ワンウェイタイプよりか安くなります。

 

業者事で回数や間隔は違いますが、メンテナンスも行っているので衛生面は考慮されています。

サーバー